TOTAL PRODUCE

TOP > WORKS > TOTAL PRODUCE > JAPAN STYLE 2009 Phantasmagorical

JAPAN STYLE 2009   Phantasmagorical

メゾン・エ・オブジェ 2009

2009年1月23日(金)~27日(火)

パリノール・ヴィルパント見本市会場

クライアント: JETRO

総合プロデューサー: 桐山 登士樹

コーディネーター : 西中川 京

           鈴木 史子

日本で製造された最古の紙は、奈良県東大寺近くの正倉院にあります。今からおよそ1300年前に作られました。

その後、紙は日本の文化・生活に欠かす事の物として今日まで使われてきています。特に日本建築では襖、障子や障壁画に、道具では書や扇子、玩具など、日本を象徴するマテリアルの一つといっても過言ではありません。

 

1997年12月11日に議決した京都議定書以降、環境問題への意識は急速に高まりつつあります。こうした動きの中で、改めて注目されているマテリアルの一つが紙です。「紙」は、その原料(楮)を私たちの身近に求めることができ、加工性の高さ、形状、色、質感、クオリティに富み、またクリエイターやユーザーの考え次第で、その価値を急激に変化させることのできるマジカルな素材です。

 

今回のJETRO広報ブース『JAPAN STYLE 2009 – Phantasmagorical –』では、最先端の日本の紙や加工技術をベースにクリエイター/メーカーのコンテンポラリーな感性によって生み出された「Phantasmagorical変幻自在」なプロダクトを紹介しました。

 

ここに展示されている製品は、元はすべて一枚の白い紙。しかしその上に美しいパターンを施し、複雑な立方体に組み立てることで新たな表情を生みだし、更に最先端の加工を施すことで、まるで布のようにしなかやかなものや、プラスティックのように固いものへと変化させることでその領域を拡大しています。

それはまるで可能性という大きな紙に自由に夢を描いているかのようです。

 

自由な感性、日本の技術の強みを持ちながら、世界で共有できる感性、時代施、問題意識を持つ市場提案型のジャパンプロダクトの紹介となりました。

出展物:有限会社アキ工作社        大分県

    株式会社イクス          東京都

    SASAWASHI株式会社       大阪府

    安達紙器工業株式会社       長野県

    株式会社メトロポリタンギャラリー 北海道

    株式会社エー・ジー        東京都

    カモ井加工紙株式会社       岡山県

    共栄デザイン           愛知県

    マックスレイ株式会社       大阪府

    家田紙工株式会社         岐阜県

    有限会社エムズシステム      東京都

    株式会社TAMU          愛媛県

    ボブファンデーション       東京都

    株式会社コミュニケーション・エンジニアーズ  東京都

▶ TOTAL PRODUCE 一覧に戻る

Copyright © 2016 TRUNK LTD. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.